岐阜市の内科、小児科、漢方医療、認知症相談は棚橋内科へ | 岐阜市 内科 小児科 漢方 ステロイド 認知症

お薬について

岐阜市の内科、小児科、漢方医療、認知症相談は棚橋内科へ | 岐阜市 内科 小児科 漢方 ステロイド 認知症

〒500-8228 岐阜県岐阜市長森本町1丁目8-6

058-247-7221

お薬について

ステロイド治療

ステロイド剤について

ステロイド剤の投薬についてお聞きになられる方が増えてきております。同時にステロイド剤について誤解や過剰な嫌悪感を抱かれる方も少なくありません。 当院でもステロイド剤の処方を行っております。正しい使い方と辞め方を理解すればステロイド剤はとても効果的な薬といえます。

ステロイド剤の効果

ステロイドは様々な病気に効果的に効くので「魔法薬」と言われています。

代表的なものでも種々の膠原病、気管支喘息、肺炎、脳腫瘍や特定の癌、皮膚疾患、その他、病気の治療に使用され、すばらしい効果を得ています。

ステロイドは基本的に炎症作用を押さえる働きがあり、いろいろな原因で身体に炎症が起こり、それが病気を悪化させている場合には大変有効なわけです。炎症が原因となっている病気は数多くあるので、このような病気には基本的に薬剤としてのステロイドがとても有効となるのです。

ステロイド剤の効果

ステロイド剤の副作用

よく効く薬=副作用も多いといった原則もあります。ステロイド剤の副作用は強烈です。そのため、ステロイド剤は怖い薬、危険な薬と言われています。

ステロイド剤の副作用は数多く挙げられていますが、ステロイド剤の副作用というものは生理的なステロイドの分泌を押さえてしまうことです。

完成されたもの(ステロイド剤)が外部から入りつづけることで、今まで機能していた部分(ステロイド分泌)が機能しなくなるということです。

ステロイド剤の副作用

ステロイド剤の注意点

上記のようなデメリットがあるよう、長期でステロイド剤を使用していた方が急に投与をやめた時が非常に危険なわけです。したがってステロイド剤を処方された場合、必ず医師の指示通りに飲まなければなりません。他の薬は自己判断でやめてしまってもそう大事にはならないのですが、ステロイドの場合には自己判断で勝手にやめた場合は命にかかわると思っても大げさではありません。

ステロイド使用のポイント

  • 短期間のステロイド剤の使用は安全

    ステロイドを多量に投与することにより、身体を刺激し、イッキに病気を退治してしまおうというわけです。いわば「びっくり療法」といってもいいでしょう。短期間の使用ならばこのような大量のステロイドを使用してもそれほど問題はないのです。

  • ステロイド剤投与はできるだけ少なめに

    病気の種類によっては一生ステロイド剤を投与しなければならないこともあります。こういう人に対しては当然ながらできるだけ少量のステロイド剤で調整します。何かの原因でステロイド剤が投与できなくなってしまった場合、大変なことになりうる可能性があるからです。

最後に

世間には断片的な情報だけでステロイド剤の副作用だけを強調して「ステロイド=危険飲んではいけません」 など過剰な反応を示す方もおられ、とても残念に思います。 皮膚炎などは上手にステロイド剤を使用すれば綺麗に治癒するのに、怖がって服用せず可能な治療もできずに症状が悪化している方もおられます。 正しく、医師と相談しながらステロイド剤を使用し、快適な身体を少しでも早く取り戻していただきたいと思います。